Archive for the ‘団地族’ Category

h1

巣穴

8月 29, 2010

この時期、帰宅時間と日暮れが同刻らしく、運がよければ団地の廊下の灯りがともる瞬間を目撃することができる。

パラパラパラっと、一斉なんだか、端からなんだか、よく分からない微妙な不ぞろい加減のタイミングで電灯が点いていく。

それだけのことなんだけど、なんだかラッキーな気分になる。

しかしそもそも、私は団地というものが嫌いだ。
ビルはいいけど、団地は嫌だ。
生活の臭いがぷんぷんするから。
大きな団地であればあるほど、嫌だ。

団地としては大きな規模かもしれないが、しょせん限られた、狭い土地。
そこにウサギ小屋どころか、蜂の巣か蟻塚のような建造物が連なっている。
小さな穴の一つ一つに家族が住み、一塊に何百人もの人間がうごめいているのかと思うと、気持ち悪い。
生理的嫌悪のたぐいだと思われる。

しかも公営団地であるから、住んでいるのはよくて庶民、それか貧乏人。
それこそ働き蜂、働き蟻のようにあくせく働いて、楽にならない生活にじっと手を眺めている連中が何百人・・・我ながら辛気臭いなぁ。

貧しいながらも楽しい日々。
泣き笑いしながらのそれなりに幸せな人生がつまってるんだ、コノ四角いコンクリの箱に。
そう考えると、やっぱり気持ち悪いw

やっぱり人として、この居住形態は良くないんだと思う。本当は。
くっつきすぎ。
それでもこれが分相応なのだから、嫌とばかりも言っていられません。
じゅうぶん恵まれているのだし。

嫌だ嫌だといいつつも、いったん「我が家」になってしまえば、
やっぱりおウチがいちばん。
「ただいま」と「おかえり」のあるところ。それでいい。

今日も巣の穴という穴で
「ただいま」
「おかえり」

・・・やっぱキモイか。ま、いいか。

広告
h1

リハビリ

5月 29, 2010

引越してからはや1ケ月が経ち、新しい生活リズムにも慣れてきました。
引越しのドタバタにプラスして、仕事もドタバタで。
アワアワしている内に2人ほど辞めていったり、
あまりのムチャブリに「私も辞めてやるっっ」とか思いつつ生活のために思いとどまったり。
しかしやっぱり鬼のように忙しいので口から魂が出っぱなしです。

その間、何度も「書こう」と思い立ったけど、やっぱそんな余裕ないわーと放置。
今日やっと書けます。
何にも解決してないけれど、いっぱい寝たから!

団地の生活も、分かっちゃいたけど面倒臭いぞ。
この先とっても不安だなぁ。
愚痴りたいけどここには書けない。かなり特定されちゃうから(笑)

とりあえず高層階は、思ったより平気。
でも我に返るとフラーっとなります。やっぱ怖ーい。

最近の元気の素 ↓  今日はリハビリだから、また今度。


アニメになってもやっぱりアナキンはムカつくわw
絶対友達になれん。

h1

勢いがないとしぼむ

3月 3, 2010

お久しぶりです。
心が落ち着かないとなかなか書く気にはなれません。

せっかく当たった都営住宅、
実際の入居までは半年から1年かかると言われている。
それは重々承知だったけれど、いざ待たされると萎えますねー。

11月 申し込み
12月 抽選
1月  当選通知
1月  書類審査
2月  書類審査結果通知
3月  入居説明会のお知らせ ←いまここ

住宅供給公社と文通してるわけじゃないんだからさ・・・

それでも、ここまでくればあと少し。
入居説明会のお知らせ=空きました=入れますよ~ ってこと。
入居予定はめでたく4月末となりました。
これでも最速ペースですね。申し込みから5ヶ月だから。

しかし待ってる間にテンション下がってきた。
通知の住所を見る限り、
・線路沿いの道路沿い
・高層階
・間取りは狭い
ということが伺える。

うるさいだろうな~
風が強いだろうな~
花粉もいっぱい飛んでくるのかな~
部屋は狭くてもいいけど収納が少ないのは嫌だな~
地震怖い~
エレベータはS社製だったりして~
と、嫌な予感ばかりが次から次へと浮かんでくる。

そして何より、
高いの怖いよ~~

いままで最高6階まで住んだけれど、それでもベランダでは足がすくんだっけ・・・それより高いなんて。

いやいや、贅沢言ってはいけない。
なんといっても安いんだから!!!
頑張ってお金貯めて、早いところ地面に近い所へ引っ越せるように努力せねば。

h1

拾う神キター!

1月 20, 2010

年末年始のご挨拶もしないまま、1月も半分終わってしまいました。
皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

「書く」という作業は、こんな小さなブログであってもやはり精神力の要る作業で、多少なりとも余裕が無いとできないのだと実感。
ホンモノの文筆家には、切羽詰った精神状態で書く人もいるけどホント凄いもんだ。そんなエネルギーを出せることが、既に非常人。

急病をしたとか、解雇されたとか、そんな大事ではないが
(そんな大事だったら今日も書けないでいるはずだし)
地味に効いてくるボディブローのような
チクチクする荒い毛糸のベストを着ているような
そんな余裕の無い毎日が続いておりました。

ま、簡単に言うとお金がない。

去年、養育費が止まった。
逆ギレされると怖いので連絡はしない。
できることならこのまま二度と関わり合いたくない。

養育費を貯金やら急な出費やらに充てていたので冠婚葬祭は勘弁してくれ~と祈る。
幸いにも仕事はあるので日々の暮らしはできるけど、
去年は賃貸の更新だったし、
年末に学資保険の半年払いがあったし、
わずかな貯金はすぐに消えた。
今月の稼ぎは来月の生活費で余すところなく消えるという、まさに自転車操業。

時給はバイトの最高レベルに上げてもらったばかりで、もう上がらない。
・・・次の学資保険の払い込み、どうしよう・・・

楽しみに通っている習い事を辞めさせるのはしのびなく、
とりあえず週3回しか利用していない学童クラブを退会した。月6000円は大きい。
あと、自分のお昼の予算を減らしてみたり、食費を抑えてみたりしたけど、月収の半分弱が家賃に消えているので節約しても焼け石に水だ。

毎日毎日毎日お金のことばかり考えてると、脳みそが乾燥していく気がする。
脳みそが梅干の種みたいにカラカラになると、
勉強しようとか
おしゃれしようとか
健康に気をつけようとか
芸術に触れてみようとか
そうゆう気持ち全般が枯れていく。

世の中お金が全てじゃないけど、やっぱある程度はないとダメなんだなぁ。
なんて感心してる場合ではない!

とここで、1枚の紙切れが希望を運んできた。

都営住宅に当たった・・・嘘みたいだ。
親しい人なら知っていることだけど、私は本当に本当にクジ運が悪いのだ。
都営だって離婚してから毎回応募して、4年間(通算16回?)ハズレ続けてきた。
何度も何度も当選通知を見直したけど、間違いではない。本当に当たってる。

思い出した。
離婚したとき、「養育費をあてにしちゃいけない」と思ってた。
信用できる相手じゃないし。
「職場の近くに引っ越して、早出して少しでも多く稼いで、そうしながら都営に申し込んで、養育費が切れる前に都営に入る」計画だった。
意外と養育費が続いたのと、都営にハズレ続けたので忘れかけていたけど、結果的には計画通りなのだろうか。
いや、運頼みなので「計画」ではなく「思惑」か。

これで解決ってワケにはいかない。
都営は当たっても入居まで半年、下手すりゃ1年くらい待たされるらしいから、それまで自転車操業は続く。
それに入居したって、切羽詰り度が95から75になるくらいで、底辺であることに変わりはないからなー。

でもとにかく、なんか光が見えてきた。
今回も外れた人が大勢いる中で、幸運にも当たったのだ。
この運を大切にしないとバチがあたる。

まだ書類審査もあるし正式決定ではないが、家賃が月収の30%以下(このくらいが適正らしい)になることを夢見て「団地族」カテゴリを立ててみた。続きが書けるといいな。

何かと助けてくれるお母さん、ありがとう。
健康優良児で毎日安心して出勤させてくれる息子、ありがとう。
クリスマスプレゼントは「靴下がいい」と言ってくれた貴方、ありがとう。
定時キッカリに帰っても暖かく見守ってくれる職場の皆、ありがとう。

落ちそうになる気持ちをみんなが拾ってくれる。
ここにも拾う神、いたね。