h1

寂しかないか 燃料あるか

6月 16, 2010

ワールドカップより、はやぶさの帰還に涙しました。

とはいえ、帰還のニュースで「お?」となった似非ファンなのだが。

この動画で泣いたよー。

さだまさしの声を、字幕を読みながら脳内変換すると・・・あっという間に感情移入。
ロボットを人間扱いしてしまうのは、日本人のサガなんだろうか?
でも、研究者の方がこれだけ手塩にかけた機体、やっぱり「ただの機械」扱いはできないよ。

「こちらの指令以上の働きをしてくれた」
そんなこと有り得ないんだけど、そんなワケないんだけど、でもそうとしか表現の仕様がないというか、「頑張った」ね!って言いたくなる。

「最期に一目ふるさとの星を見せてあげたい」
いや、機械はそんなこと望んでないでしょ!
でもでも、はやぶさが最後の力を振り絞り反転して撮影した地球・・・郷愁にあふれてるよね。

泣ける!泣けるよ!

こんな我が国はある意味じゅうぶんにヘンタイなのかもしれないが、
そこがいいんだよ。と言いたい。

しつこいくらいの用心深さ。すげー。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。