Archive for 2010年1月

h1

アチラとコチラの境界

1月 23, 2010

「アバター」観ました。
面白かった。ジェームズ・キャメロン凄いなー。
何が凄いってね、中途半端ではなく、完成品としての3Dを世に出したってところ。
「タイタニック」は好きじゃないけど、あれで儲けたお金があったからこその「アバター」なんだなぁ。
3Dに関しては賛否両論出ているみたいだが、IMAXデジタルシアターではとても綺麗だった。
3Dの再生には色々種類があるらしくて良く分からない。評価が低い方はどの方式で観たのかな。

ネットで既に散見する意見だが、この映画は映画史上のターニングポイントになるかもしれない。

「スターウォーズ」の冒頭で戦艦スターデストロイヤーの巨体が延々と頭上を通り過ぎるのを観たとき、
「ターミネーター2」でT-1000が流体に変化したとき、
「ジュラシックパーク」で最初にブラキオサウルスが登場したとき、
「トランスフォーマー」で初めてオプティマスがトランスフォームしたとき、
映画ってこんなに凄い!と興奮した。

映画史上どうなのかは知らないが、今まで私が始めて観たときにビックリした映画は上記の4本。
(「トランスフォーマー」は実写ロボを待ちわびていたごく少数の人にしか分かってもらえなそうだけど)

そして、「アバター」。
ストーリーは特に目新しくないと思う。
映像も、2Dで見たらフツウだったかもしれない。
でも、3Dで観ることによって「アバター」は全く別の映画になった。

昔の「飛び出す映画」ではない。
わざとらしく恐竜の牙が迫ってきたり、流れ星が突っ込んできたりするわけではない。
ただなんというか、リアルなのだ。

現実に存在しないものを映像化する技術は「スターウォーズ」から30年で驚くほど進歩した。
しかしどんなに完璧に作っても、スクリーンのアチラ側にある限りそれは虚構だ。ファンタジーはファンタジーであり、現実にはなりえない。

でも3Dで観る「アバター」は、物語だと頭では解っているのに、感覚が「そこに存在する」と認識してしまうようだ。アチラの世界が、コチラ側に流れ込んでくる。
そのためストーリーが多少凡庸であっても、いつも以上に感情移入してしまう。

そういえばアメリカで「3Dうつ」になった人が続出とか、台湾で鑑賞中の男性が死亡とか言う話が出ているけれど、人体に影響を及ぼしかねないほどの技術革新ってことなのか?確かに身体に良くはなさそうだ。
そして別の意味でもちょっと怖い。
今後3Dの優れた作品が次々と出てくれば、スクリーンのアチラとコチラの境界がどんどん曖昧になっていくのではないだろうか。
既にアニメやゲームで、現実と虚構の区別がつかない人が出ている。
いや、区別がつかないんじゃなくて、アチラの居心地が良くてコチラに戻って来られなくなっているのか。

アニメやゲームが悪いとは思わない。
良い作品が、健全な受け手に利用される分には何の問題もないだろう。
だけど人間、心が弱ることもある。
そんなときにアチラの世界がコチラを侵食してきたら、精神的な均衡を失うことは十分に考えられる。

映像技術の進歩は素晴らしい。
映画もアニメも大好きだ。
規制なんて真っ平ごめん。
だから、いつも健全な受け手でありたい。
リアルな虚構を、現実と区別してきちんと楽しめる観客でありたい。
現実逃避しても、ちゃんと戻ってこられる人でいたいな。

3Dだけではなく、「パフォーマンス・キャプチャー」の技術も実は凄い。
CGなのに、俳優の表情まで違和感のないレベルで再現できる。
特殊メイクを使わずに別の自分になれる、「アバター」のストーリーに最適な技術といえる。

そのCGメイク(?)のせいでエンドロールまで気付かなかったけど、
ヒロイン役はゾーイ・サルダナだった。
wikiの写真は可愛くない(失礼)が、この人ホントにスタイルが良くて格好いい!ムッチリ色気系ではなく、颯爽系で嫌味が無い。

「ドラムライン」でそのダンスに釘付けになった頃はまだメジャーな女優さんではなかったけれど、最近は「スタートレック」「アバター」といわゆる大作の出演が続いているので有名どころの仲間入りか?
(「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」ではそのスタイルが活かされていなかった orz)

主人公は「ターミネーター4」のサム・ワーシントン。
この人、体をいじられる役ばっか(笑)。あんまり特徴のない俳優さん。
それに比べて、悪役の大佐は強烈だった~。
ムキムキマッチョおじさん。つえーのなんの。

この映画で地球人がやってるのって、まるっきり米軍がベトナムやなんかでやってきたことを思い起こさせるんだけど、ジェームズ・キャメロンは反戦活動家だったっけ?どっちかというと武器マニアっぽいのにな。
それにしてもこれだけ露骨に侵略批判してる映画が大ヒットって、アメリカ人は懐が深いのか鈍感なのかどっちなんだ。

監督はインタビューで「ミヤザキの新作は必ず見ているよ。実は映画の最後に『もののけ姫』にオマージュをささげたシーンがあるんだ」と語ったらしいが・・・どのシーンだかわからない。

そんなこんなで、これから観る方にはIMAX3Dをお勧めする。
上映館数が少ないのが辛いけど。
それと、席は少し後ろの方がいいかもしれない。
顔を動かさなくても画面全体が視界に入る位置でないと、首が疲れたり目が疲れたりしそうなので。

h1

拾う神キター!

1月 20, 2010

年末年始のご挨拶もしないまま、1月も半分終わってしまいました。
皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

「書く」という作業は、こんな小さなブログであってもやはり精神力の要る作業で、多少なりとも余裕が無いとできないのだと実感。
ホンモノの文筆家には、切羽詰った精神状態で書く人もいるけどホント凄いもんだ。そんなエネルギーを出せることが、既に非常人。

急病をしたとか、解雇されたとか、そんな大事ではないが
(そんな大事だったら今日も書けないでいるはずだし)
地味に効いてくるボディブローのような
チクチクする荒い毛糸のベストを着ているような
そんな余裕の無い毎日が続いておりました。

ま、簡単に言うとお金がない。

去年、養育費が止まった。
逆ギレされると怖いので連絡はしない。
できることならこのまま二度と関わり合いたくない。

養育費を貯金やら急な出費やらに充てていたので冠婚葬祭は勘弁してくれ~と祈る。
幸いにも仕事はあるので日々の暮らしはできるけど、
去年は賃貸の更新だったし、
年末に学資保険の半年払いがあったし、
わずかな貯金はすぐに消えた。
今月の稼ぎは来月の生活費で余すところなく消えるという、まさに自転車操業。

時給はバイトの最高レベルに上げてもらったばかりで、もう上がらない。
・・・次の学資保険の払い込み、どうしよう・・・

楽しみに通っている習い事を辞めさせるのはしのびなく、
とりあえず週3回しか利用していない学童クラブを退会した。月6000円は大きい。
あと、自分のお昼の予算を減らしてみたり、食費を抑えてみたりしたけど、月収の半分弱が家賃に消えているので節約しても焼け石に水だ。

毎日毎日毎日お金のことばかり考えてると、脳みそが乾燥していく気がする。
脳みそが梅干の種みたいにカラカラになると、
勉強しようとか
おしゃれしようとか
健康に気をつけようとか
芸術に触れてみようとか
そうゆう気持ち全般が枯れていく。

世の中お金が全てじゃないけど、やっぱある程度はないとダメなんだなぁ。
なんて感心してる場合ではない!

とここで、1枚の紙切れが希望を運んできた。

都営住宅に当たった・・・嘘みたいだ。
親しい人なら知っていることだけど、私は本当に本当にクジ運が悪いのだ。
都営だって離婚してから毎回応募して、4年間(通算16回?)ハズレ続けてきた。
何度も何度も当選通知を見直したけど、間違いではない。本当に当たってる。

思い出した。
離婚したとき、「養育費をあてにしちゃいけない」と思ってた。
信用できる相手じゃないし。
「職場の近くに引っ越して、早出して少しでも多く稼いで、そうしながら都営に申し込んで、養育費が切れる前に都営に入る」計画だった。
意外と養育費が続いたのと、都営にハズレ続けたので忘れかけていたけど、結果的には計画通りなのだろうか。
いや、運頼みなので「計画」ではなく「思惑」か。

これで解決ってワケにはいかない。
都営は当たっても入居まで半年、下手すりゃ1年くらい待たされるらしいから、それまで自転車操業は続く。
それに入居したって、切羽詰り度が95から75になるくらいで、底辺であることに変わりはないからなー。

でもとにかく、なんか光が見えてきた。
今回も外れた人が大勢いる中で、幸運にも当たったのだ。
この運を大切にしないとバチがあたる。

まだ書類審査もあるし正式決定ではないが、家賃が月収の30%以下(このくらいが適正らしい)になることを夢見て「団地族」カテゴリを立ててみた。続きが書けるといいな。

何かと助けてくれるお母さん、ありがとう。
健康優良児で毎日安心して出勤させてくれる息子、ありがとう。
クリスマスプレゼントは「靴下がいい」と言ってくれた貴方、ありがとう。
定時キッカリに帰っても暖かく見守ってくれる職場の皆、ありがとう。

落ちそうになる気持ちをみんなが拾ってくれる。
ここにも拾う神、いたね。