h1

なでなで

11月 30, 2009

最近、息子は友人関係に悩んでいるらしい。
んー、別に意地悪されているわけじゃなくて、大好きなあの子は別の子と仲良しだから、たまに仲間に入れてもらえない。と。
でキッツいこと言われちゃったりもする。と。

ビルの谷間。 人生も谷あり谷あり。

大人から見れば、立ち回りがヘタなことこの上ない。
小さなことで凹みすぎ。
気に入らないならそんなヤツと遊ばなけりゃいいじゃない。

そう言ってやりたいのは山々だし、実際ちょっと口にしてしまったのだけど。
「お母さんと僕は違うんだから」と言われてしまえばそれまでよ。
「お母さんに僕の気持ちはわからないよ」その通り。
つーか、そのセリフ元はと言えば「最終的には自分で何とかしろ」と言いたくて私が吹き込んだのに。
見るに見かねて口を出したらオウム返ししてきやがった。

私は、仲間はずれにされても「なんて程度の低い子達なの?こっちから願い下げよ!」というタイプだったのだが、息子は私より可愛げがあるので何とか仲良くしたいらしい。
なのにやっぱりスネたりキレたりしちゃって、「違う違う!」って言いたくもなりますよ。

だけどやっぱり、口出しはホドホドが良いよね。
男の子なんだし。

だから口は出さずに手を出すことにした。
赤ちゃんの頃にやっていたベビーマッサージ。

マッサージオイルを使って、背中やお腹をゆっくりなでてあげる。
今はヴェレダのカレンドラ ベビーオイルを使っているのだが、この匂いはお日様系で気持ちが和む。

最初はくすぐったかっていたのが、いつの間にか眠ってしまった息子。
少しはリラックスできただろうか。

ベビーマッサージとは言うけれど、実はこれは親のためのマッサージだと思っている。
育児でささくれた心も、赤ちゃんの肌に触れているうちに柔らかくなっていく。
さっきまで悪魔の子に見えていたのが、愛しい我が子に戻っていく。
そうやって随分と助けられた。

今もまた、私の中の口出し婆ぁが諌められていく。
この子はきっと大丈夫と、見守る余裕が生まれてくる。

それにしても、大きくなるって楽しいことばかりじゃないね。
これからもっと悩み事は増えていくだろうけど、ガッカリせずに楽しんでいけるかどうかが人生の勝ち負けなんじゃないかな、結局。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。