h1

DRUMLINE LIVE

4月 24, 2009

国際フォーラムで DRUMLINE LIVE 観て来ました。

一時期このステージの元になった映画にはまってて、
息子と一緒に何度も観ましたね~。

で、映画のほとぼりが冷めて幾年月。
ある日生協のチラシをチェックしてたら「DRUMLINE LIVE」の文字が!
こりゃー行くっきゃないです。お安くなってたし。

舞台は2部構成。
前半はアメリカン懐メロ的なパートやゴスペルもあって、私的には「あれ?」という感じ。
エンターテイメントとしての構成とか、色々都合もあるんだろうけど、
もともとキャスト達はマーチングバンドメインで集めてるんだし、余計なもの入れなくてイイよ。
むしろ最初っから最後までたたきまくりで良かったんだけどなぁ。
アメリカ公演では懐メロも盛り上がるだろうけど、ここ日本だし。

まぁでも本領発揮は2部から。
休憩時間の終わり近くからキャストが客席に出現して、すぐ近くでたたいてくれる。
そのまま観客の歓声を巻き込むように舞台へ。
そこからはそれこそ「たたきまくり」の「吹きまくり」。

さてところで、突然ですが私は音痴です。
楽器ができないどころか譜面も読めない。
音も取れないし、リズム音痴でもある。
そんな私がノッてくるとどうなるか。

ずずずずぅ~って上半身が前にのめって来るんです。

リズムに乗らないまま見入ってるから、
周りの人は縦揺れだったり横揺れだったりするのに、
私だけ食いつくように前にスライドw

自分でも演奏するような人だったら、あそこが良かったとか、あれはイマイチだったとか
上手い下手とか言えるんでしょうけど。
私に言える精一杯のことは・・・やっぱ実物は腹に響くね!!
トランペットの独奏とかも、空気の震えが直に届いてテンション上がる。

映画で主人公の吹き替えを担当していたパーカッショニストも参加してますし、
音楽監督も映画でマーチングを指導していた人。
ユニフォームも映画風。

本来フィールドで魅せるものを狭い舞台上でやらなければならない。
キャストも、舞台でパフォーマンスすることには慣れていない。
そういったこともあって改善の余地はありかと思うのですが、
お気に入りの映画のシーンが目の前で見られるって大満足でした。

欲を言えば、バスとスネアの演奏をもっと聴きたかった。
どんだけ太鼓好きなのかと一人ツッコミ。
和太鼓も好きなんですよ。特にお囃子の小さいやつ。


DRUMLINE LIVE 公式ページ

映画 DRUMLINE はこちら

広告

2件のコメント

  1. 音痴って、歌を歌うのが下手な人のことを指すのかと思っていたのですが(私の母がそうなのですが本物の音痴です、音が取れない)、リズムに乗れない人とかも音痴っていうのか。。。ってか、リズムに乗れない人がいることも知りませんでした。

    でも、マトカさんが前のめりにずずずzzzzって所を想像したら笑ってしまった。

    和太鼓のコンサートに行ったことがありますが、ほんとおなかに響きますね。それから演奏者の体力に驚愕します。

    音痴ならぬ運痴の私には考えられない。

    ドッジボールの球、取れたことがありません。


  2. 音痴で運痴です!!
    卓球でつき指したことあります。
    バスケでドリブルしたら必ず蹴っちゃいます。
    ↑運痴自慢?

    リズム音痴はですね…いつのまにか他の人とズレちゃうんですよ…
    それも1/2とか1/4とか「キリのいいズレ方」ではなく、2/9拍子??くらいのビミョーな加減で。

    ラテンの方たちとはお友達になれないわぁ。



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。