h1

通知表

10月 13, 2008

何が釣れるかな。

初めての通知表が来た。
二期制なんだって。
だからって、普通の日に持って帰ってこられても、雰囲気でないよね。

初めての通知表に、自分がどんな感想を持つか、ちょっと不安だった。
息子と自分を比べたら、どうしたって見劣りするに決まってる。
小学生の頃の私は、「超」の付く優等生で、先生受けがよくて、
すなわち通知表はたいてい一番左側に○が並んでいたから。
体育以外は。

でも、ガッカリしたくはなかった。
母親として何より喜ぶべきは、健やかに育ってくれていることだと思うから。
成績で一喜一憂する親にはなりたくない。

オギャーと産まれたあの子が、通知表を持って帰ってくるなんて。
それだけで感無量。

そんなわけで、ちょっとドキドキしながら開けた通知表は・・・ほぼ予想どおり。
先生、結構ちゃんと見てるんだなぁ。と、変な感心をしてしまった。

体育と算数は優秀。国語はイマイチ。
図工と音楽は、熱意はあるけど技能がついていってない。
行動力はあるけど、丁寧さに欠ける。
そして皆勤賞。

国語がイマイチなのは残念。ってやっぱり思ってしまったけど
それほどガッカリはしなかった。
それより、「この子らしさ」が形成されつつあることが面白かった。
単純明快。猪突猛進。お人よし。こーゆーキャラ、よくいるよね。

やっぱりウチの子はオイシイなー。
通知表を見てこの感想はマズイかしらね。

広告

2件のコメント

  1. >体育と算数は優秀。国語はイマイチ。
    >図工と音楽は、熱意はあるけど技能がついていってない。
    >行動力はあるけど、丁寧さに欠ける。
    >そして皆勤賞。

    ハルとそっくりで、笑ってしまいました(^m^)
    類は友を呼んでいたんですね・・・

    >成績で一喜一憂する親にはなりたくない。

    私もです。自分の親が反面教師です。
    ・・・でも、国語は何事においても重要なので、”ちょっとずつでもいいから頑張れよ~”と思っています(^^)


  2. >Mizさん

    お久しぶりです。
    その節はお土産までいただいて、ありがとうございました。

    二人はルイトモだったんですねぇ。
    親として一番うれしいのは皆勤賞ですが、欲を言えば、ヒトが言葉でコミュニケーションする動物である以上、やっぱり国語は頑張ってほしいですよね。

    あと、字の練習プリントがどうにも「やっつけ仕事」に見えるところが、ひじょーに気になっております。



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。