Archive for 2008年9月

h1

ポール・ニューマン死去

9月 28, 2008

ポール・ニューマンが亡くなった。
83歳で癌で死去だから、へんな言い方だけど「フツー」の死に方。
自宅で、家族に見守られて、栄光と挫折の詰まった人生の最期を幸せに終える。
輝かしいキャリアを汚さないまま。
闘病生活は当然厳しかっただろうけど、スキャンダルにまみれて終わるイメージがつきまとうハリウッドスターとして、この終焉は見事。

哀愁と色気。
くたびれた感じが堪らない。
若い頃は、ちょっとギラついた感じもするけど、若年・中年・老年、どれを取ってもカッコいい。
若さに頼らない。本当のイケメンって、こうゆうことだと思うよ。

広告
h1

手で作る

9月 18, 2008

みふね屋さんの店主モエルさんから、頂き物をした。

息子のお茶碗と小皿。
フォルムが色っぽい鉢(って言うの?)。私がこげ茶と緑LOVEだってこと、どこでバレたんだろう。
入ってるのがウチのショボイご飯でごめんなさい。

お店のHPは拝見していたけど、画面で見るのと実物を手にするのではずいぶん違う。

スーパーで買ったお茶碗は、見るからに大量生産っぽい。人の手が遠い。
大量生産でもね、工場の機械の向こうには人の手があるから、その距離感が萌えなんだけど。

「匠」と呼ばれるような人の作品は、人はヒシヒシと感じられるけど、その人自体が遠い。

モエルさんは、オフ会でお会いしたこともあるし、ブログにはしょっちゅうお邪魔してるし・・・そんなモエルさんがあの手で作ったんだよ!ってとこが凄い。

お皿を見てると、モエルさんの手が見える。
ずずっと視線を上げると、モエルさんのお顔が見える。笑ってる。
その周りに、猫ちゃんたちやキアロ氏まで見えてくるーー。透視か?テレパシーか?

作ってくれた手が、近いんだ。
それが、意外で、面白い。
私は昔から「創る」ってことが苦手で、想像力はあるけど創造力はなくて、何かを創ることの出来る人がホントに羨ましい。
だから「作り手の存在」を受け取る専門なんだけど。

それにしても、ビール1本のお返しにこんな素晴らしいお皿と経験をいただいて、ちょっと慌てる。
モエルさん、ありがとうございました。

h1

ブリッツウイングが足りないよね

9月 13, 2008

Boss缶のオマケ。
キャンペーンに気づいたときには、もう店頭から消えつつあって大慌て。
ホイルジャックとスタースクリームだけでもいいからと買いに行ってみたら、メガトロン様とレーザーウェーブしかいなかった。

その反動で、結局ぜんぶ捜して買った。

全員集合!

・サイバトロン
コンボイ
マイスター
バンブル
アイアンハイド  ←ラチェットはいない。ほぼ同型だからか。
ホイルジャック  ←なぜ?マイナーなのに。いや、私は大好きだけど。

・デストロン
メガトロン
スタースクリーム
サウンドウェーブ
レーザーウェーブ ←なぜ?お留守番キャラなのにw 
アストロトレイン

コーヒーのオマケとしては良くできている。
カラーリングがアニメに忠実で、それだけでモジモジしてしまうくらいGOOD。
とくにスタースクリームとレーザーウェーブが秀逸。

そして何より、ホイルジャックーっっ。
大好きだ。ホント大好きだ。
ホイルジャックは人間で言うと”ドク”エメット・ブラウンだ。
科学者で発明家。オッサン(勝手に推定40代後半)。
オプションで変な関西弁。
ホイルジャックとならお付き合いしたい。

ガニマタ具合が素晴らしいホイルジャック(左)
アニメと同じ雰囲気のトイが、実は少ないスタースクリーム(中)
何気に一番いい出来のレーザーウェーブ(右)

アストロトレインが売れ残り気味だった気がするのは、ほかのキャラと絡ませにくいからか。
漫才はメガ様とスタースクリームとサウンドウェーブに任せて、レーザー君の代わりにブリッツウィングを入れてあげれば綺麗にハケたんではないかと思う。
「ブリッツウィングがいれば、『トリプルチェンジャーの反乱』ごっこができるのにな」と息子も言ってました。
そうだねー。