h1

人のせいはツマラナイ

7月 19, 2008

木が邪魔です。

木を植えた人は、こんな壁の写真を撮る前提がなかったんだろうな。当然。

どんなゲームだろう、これ。
木の向こう側に、クリアに重要なポイントが隠れているに違いない。

マスコミ伝いではあるけど、重大事件の犯人のコメントを聞くと、「何でも人のせい」な輩が多い。

「人のせい」は楽チンだ。
でも、人のせいにしながら生きている人は可哀想だ。
楽チンと引き換えに、生きる実感を捨てている。

「人のせい」の第一歩は、劣勢を誤魔化す所から始まるのだろうか。
自分の失敗を誰かのせいにして、責任から逃れる。

それに味を占めてしまうと、次は最初から「失敗したら人のせいに出来るように」物事を進めるようになる。
いつでも必ず逃げ道を用意して。

それに慣れてしまうと、人のせいにしながら生きることが自然になる。
自分の人生なのに、他人を軸にして生きるようになる。

嫌なことは全部誰かのせい。
それは同時に、素敵なことも、自分の力では起こせない毎日。
成し遂げた充実感も
手に入れた達成感も
得られない。

そんなツマラナイ人生だから、他人に危害を加えようなんて発想が出てくる。
そこに「自分」はいない。

面倒でも
しんどくても
手柄は自分の手でつかみたい。

自分で選んだ道の責任は、自分で引き受ける。
そうして初めて、生きるのは楽しいのだと思う。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。